介護業界の今後について

介護業界の今後について

介護業界というと、精神的・肉体的につらい仕事、お給料が安いなどから離職率が高いと言われています。最近では、厚生労働省から介護職員の処遇改善手当など様々な策が打ち出されてはいますが、それでもまだ業種別にみると介護の賃金体系はけして高い水準とは言えませんし、どうしても腰痛などの職業病もついて回ります。大変な仕事というイメージと、賃金が低いというイメージが根付いてしまっていることもあってか、働き手が少ない人手不足の状況が続いてしまっています。

 

しかしながら、日本は超高齢社会と言われる水準に達するほど、総人口に対して高齢者が占める割合が増えてきています。昔は過疎化などで地方の高齢化が問題視されていましたが、今では都市でも高齢化が進んできている状況です。

 

それに伴い全国的に介護事業のニーズも高まってきていますし、今後もますます高まることは間違いないでしょう。言い方を変えれば、介護の業界で手に職を持つということは、働く場所がないという事態には陥ることは考えにくいということが言えます。昔は「弁護士」と聞くと「凄い」「一生食べていける」と言われたでしょうが、最近では弁護士というだけで食べていける時代ではなくなったと聞きます。

 

他にも国家資格で様々な士業がありますが、その多くが昔よりも厳しい競争にさらされている中で、今後最も食べていくのに困らないのは介護福祉士などの介護関係のお仕事かもしれません。近い将来、弁護士よりもヘルパーの方の方が食べていける人の割合が増える時代が来るかもしれません。

 

介護福祉士の高収入の求人情報はこちら!高給与の施設に今すぐ転職しよう!

関連ページ

介護の必要性について
何方でも分け隔てなく歳を重ねます。いっくら若いからと言って我こそは。と言う方はいないでしょう。しかし勘違いをしている場合は多々あると見受けます。まだ将来の事として片づけている場合、自分の健康に自信のある場合、介護すべき身近な家族を持っていない場合などとても勘違いしやすいのだと思います。自分を含めて介護が必ず必要になる事態を今から常に考えていなければならないのです。国の政策としても高齢化社会をにらんだ方向性を打ち出す事が遅ればせながらすすんできました。
働きやすい!職員が辞めない介護施設の特徴
世界一の高齢社会といわれる日本には、毎年のように新規の介護施設が増えています。特に高齢者の終の棲家ともいわれる特別養護老人ホームや有料老人ホームは、医療法人や社会福祉法人を持つ団体だけではなく民間企業まで参入し、施設数は増加していっている状態です。介護のプロであり国家資格である介護福祉士の数も、その登録者数は年々増加しています。しかし、その増加傾向に反比例して慢性的な人材不足で悩む介護施設が減ることはありません。それは一体何故なのでしょうか。
「介護福祉士の就職と給与について」考えてみます。
介護福祉士の資格を持っていれば高収入の施設に就職することも可能です。もし今働いている施設のお給料が低いのであれば、当サイトを参考に高給与の施設への転職を考えてみてください。