働きやすい!職員が辞めない介護施設の特徴

働きやすい!職員が辞めない介護施設の特徴

世界一の高齢社会といわれる日本には、毎年のように新規の介護施設が増えています。特に高齢者の終の棲家ともいわれる特別養護老人ホームや有料老人ホームは、医療法人や社会福祉法人を持つ団体だけではなく民間企業まで参入し、施設数は増加していっている状態です。

 

介護のプロであり国家資格である介護福祉士の数も、その登録者数は年々増加しています。しかし、その増加傾向に反比例して慢性的な人材不足で悩む介護施設が減ることはありません。それは一体何故なのでしょうか。

 

介護職員の介護職離れが進んでいるからです。せっかく就職をしても慢性的な人手不足の影響で労働自体が過酷となり、やめてしまう介護職員も少なくありません。では、どういった介護施設なら働きやすいのか?それを検証していきたいと思います。

こんな介護施設なら働きやすい!

介護資格を持っている人々がなぜ介護の仕事に就かないのでしょうか?その大きな原因は収入と労働条件にあります。介護職員は収入が少なく、その割に過酷な労働条件であるというのが現状です。ですから、まずは介護職員に労働に見合う正当な給与が支払われる環境を作る事が大切です。

 

国としては、介護職員処遇改善のために介護報酬改定などの施策を打って出てはいますが、そのしわ寄せは高齢者やその家族に行ってしまい、しかも現状は改善できていないという事実があります。まずは、事業所が介護職員に正当な給与を支払えるような施策を国に作ってもらう必要があるのですが、なかなかそうはいきません。

 

ですから介護施設としては、介護職員のモチベーションが少しでもあがるように資格手当や夜勤手当などの各種手当の充実を図ると良いのではないでしょうか。基本給には満足いかなくても手当が充実していれば介護職員は働きやすくなると思います。

 

また、介護施設の労働環境の充実も大切です。休憩室やロッカールームがしっかり完備されている施設は、介護施設でなくても働きやすい職場だといえるでしょう。そして、労働条件も重要なチェック項目です。介護施設と切っても切り離せないものに「夜勤」があります。夜勤は、人が寝ている時間に働かなくてはならない仕事のため、自然と職員のモチベーションが低下しがちなローテーションです。

 

ですから、休憩時間をしっかり確保してもらえるだけでかなり働きやすくなるかと思います。そして、夜勤に入る頻度があまりにも近いと体調にも支障をきたすでしょうから、きちんとしたローテーションで勤務を組む事が大切なのではないでしょうか。

 

介護施設の経営や現状はすぐに改善できる訳ではありませんが、手当や勤務などであれば、すぐにでも検討して改善していく余地があります。こうした事にきちんと真摯に取り組んでくれる介護施設こそ、働きやすい介護施設だと言えるのではないでしょうか。

 

介護福祉士の高収入の求人情報はこちら!高給与の施設に今すぐ転職しよう!

関連ページ

介護の必要性について
何方でも分け隔てなく歳を重ねます。いっくら若いからと言って我こそは。と言う方はいないでしょう。しかし勘違いをしている場合は多々あると見受けます。まだ将来の事として片づけている場合、自分の健康に自信のある場合、介護すべき身近な家族を持っていない場合などとても勘違いしやすいのだと思います。自分を含めて介護が必ず必要になる事態を今から常に考えていなければならないのです。国の政策としても高齢化社会をにらんだ方向性を打ち出す事が遅ればせながらすすんできました。
「介護福祉士の就職と給与について」考えてみます。
介護福祉士の資格を持っていれば高収入の施設に就職することも可能です。もし今働いている施設のお給料が低いのであれば、当サイトを参考に高給与の施設への転職を考えてみてください。
介護業界の今後について
介護業界というと、精神的・肉体的につらい仕事、お給料が安いなどから離職率が高いと言われています。最近では、厚生労働省から介護職員の処遇改善手当など様々な策が打ち出されてはいますが、それでもまだ業種別にみると介護の賃金体系はけして高い水準とは言えませんし、どうしても腰痛などの職業病もついて回ります。大変な仕事というイメージと、賃金が低いというイメージが根付いてしまっていることもあってか、働き手が少ない人手不足の状況が続いてしまっています。