介護基礎知識

介護の基礎知識

介護老人福祉施設で、施設ケアマネとして働いています。最近、テレビや雑誌の特集記事等で、介護職員の人材不足がさかんに取り上げられるようになってきました。厚生労働省も「外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会」を発足させ、中間報告をまとめています。たしかに団塊の世代と言われていた人たちが次々と高齢化していく中で、介護職の人材が不足しているのは明らかです。でも、ちょっと待って下さい。現在、介護が必要となっているおじいちゃん、おばあちゃんは戦後の日本を中心となって支えてきてくれた、いわば日本の宝です。人材が足りないから、日本人だと賃金が安すぎて人材が集まらないからといって、本当に自分たちの国のお年寄りを賃金が安くても文句を言わない(言えない)外国の人達に任せてもいいのでしょうか?私も実際に高齢者のお世話をしていますが、高齢者になると何を言っているのか(発音が不明瞭になる)解らなくなり、かなり意思疎通が困難になります。外国人であればなおさらです。「自分が必死で訴えていることが相手に伝わらない」、それでお年寄りは安心して、自分の身を任せることができるのでしょうか?もちろん、私が働いている施設でも過去に数名の外国人が働いていたことがあります。もちろん「外国人の方が介護という行為に慣れている」と感じたことも少なくありません。例えば、東南アジア系の人たちは、親族の中に働いていない人が沢山いて、そのような働いていない人が家の中のお年寄りを交代で面倒をみる風習があります。その為、介護という行為が自然と身についている人が多く、お年寄りに対して仕事として接するのではなく、一人の人間として優しく接することができる利点があります。その点、日本人はどうしても、介護を仕事として割り切ってやっている人たちがほとんどです。私も否定することはできません。ただ、徹底的に外国人が日本の介護に不向きなのは、まず、根本的に生活習慣や価値観が違うこと。簡単な会話はなんとかなっても、文字を書く(介護の記録を残す)という大切な仕事が難しいことです。やはり、自分の国のお年寄りは、私たち日本人が最後まで責任を持ってお世話をするのが本当の姿(人としての道理)だと思います。政治家の人たちには、本当に親身になって考えて欲しいです。どうしたら日本のお年寄りたちが、最後まで安心して幸せに暮らすことができるのか?あなたがたは自分の親を本当に外国人の介護職だらけの施設に安心して預けることができますか?やみくもに外国人の労働力をあてにするのではなく、日本の介護職全体の賃金の底上げをして、人材を確保して欲しいです。「日本のお年寄りが安心して暮らすことができる」、「日本の若者が安心して働ける社会」を作って欲しいと思います。

介護の基礎知識記事一覧

介護の必要性について

何方でも分け隔てなく歳を重ねます。いくら若いからと言って我こそは。と言う方はいないでしょう。しかし勘違いをしている場合は多々あると見受けます。まだ将来の事として片づけている場合、自分の健康に自信のある場合、介護すべき身近な家族を持っていない場合などとても勘違いしやすいのだと思います。自分を含めて介護...

≫続きを読む

働きやすい!職員が辞めない介護施設の特徴

世界一の高齢社会といわれる日本には、毎年のように新規の介護施設が増えています。特に高齢者の終の棲家ともいわれる特別養護老人ホームや有料老人ホームは、医療法人や社会福祉法人を持つ団体だけではなく民間企業まで参入し、施設数は増加していっている状態です。介護のプロであり国家資格である介護福祉士の数も、その...

≫続きを読む

「介護福祉士の就職と給与について」考えてみます。

最近、テレビや雑誌等で介護職員の人材不足が話題になっております。私は現在、介護老人福祉施設で施設ケアマネの仕事に従事しておりますが、私が働いている施設でも介護職員の離職率は年間約25パーセントにも上ります。その原因は何なのでしょうか、もう一度考えてみたいと思います。初めに代表的な介護職員の代表的な資...

≫続きを読む

介護業界の今後について

介護業界というと、精神的・肉体的につらい仕事、お給料が安いなどから離職率が高いと言われています。最近では、厚生労働省から介護職員の処遇改善手当など様々な策が打ち出されてはいますが、それでもまだ業種別にみると介護の賃金体系はけして高い水準とは言えませんし、どうしても腰痛などの職業病もついて回ります。大...

≫続きを読む